利尻ヘアカラートリートメントの色選びとよく染まる使い方まとめ!
白髪染めトリートメント

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウンを比較!

利尻ヘアカラートリートメント 全色

利尻ヘアカラートリートメントのブラウン3種類「ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン」を毛束に染めて色味を比較しました。

各色で仕上がりの雰囲気が全然違うので、自分の理想・白髪量を考えながら色選びの参考にしてもらえれば幸いです。

なお、今回色味の比較に使用した毛束は下記の「100%人毛の白髪毛束」です。

化学繊維や馬毛ではないので、変に真っ白ではないので人の頭髪に使用したときの染まり具合や色が分かりやすくなっています。

美容室で使われているカラーチャートと同じ素材です。

100%白髪 人毛毛束

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウン

利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン

では早速染めた毛束を見ていきましょう。まずはダークブラウンです。

上が「乾いた髪×30分放置×1回」という条件で染めた毛束で、下が2回染めになります。

白い床に置いて撮影したので、光が差していないのでどちらもかなり暗めに見えますね。

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンは1回染めでも長く置けばかなり濃く染まるので、染まりにくい髪質の方でも満足できるレベルの染色力です。

色味は暗めの焦げ茶色になっていて、光に当たると赤みを感じる温かい茶色に仕上がりました。

赤と茶が強くて青みが少ないので、何度も重ねて染めても真っ黒にはなりません。

白髪の量が少なくて黒髪と馴染む色に染めたい方は、一番濃い茶色のダークブラウンを選ぶといいかと思います。

↓公式サイトなら初回購入1本1,000円割引キャンペーン中↓

利尻ヘアカラートリートメント購入はこちら

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウン

利尻ヘアカラートリートメント ナチュラルブラウン

次はナチュラルブラウンです。こちらも上が1回染め・下が2回染めで染めました。

ナチュラルブラウンはかなり茶みと黄みが混じった明るい色なので、1回染めだとそこまで暗さはありません。

30分置いてこの染まりなので、暗くなりすぎずに白髪を染めたい人にピッタリのカラーですね。

2回染めになると色みも濃くなって濃いめのブラウン色に染まっています。

ナチュラルブラウンは赤みを抑えた茶色なので、染まりでいうと利尻ヘアカラートリートメントのブラウン3種類の中では一番弱く感じるかもしれません。

ただし利点もあって「長く置いても暗くならない・何度も染めても赤みが出にくい」ので、赤色が強いダークブラウンやライトブラウンより「自然な茶色」に染まります。

そこそこ白髪の量があって髪全体の印象を明るめにしたい方はナチュラルブラウンがおすすめです。

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウン

利尻ヘアカラートリートメント ライトブラウン

最後にライトブラウンを1回染め・2回染めで染めました。

ライトブラウンはダークブラウンより明るくて、ナチュラルブラウンより赤色が強いカラーです。

1回染めでは鮮やかな赤オレンジブラウンのような色に染まっていますね。2回染めるとより茶色と赤色が強くなって、黄色が抑えられてオレンジ味がなくなったように感じます。

ライトブラウンは明るさが抑えられつつ発色が綺麗なカラーなので、明るめにしたいけど落ち着きも欲しいという人にピッタリです。

ヘアマニキュアのように鮮やかすぎる奇抜な色にはならないので、綺麗な色味なのに安心して使えるのが嬉しいですね。

利尻ヘアカラートリートメントのブラウン3種類を比較

利尻ヘアカラートリートメント ブラウン3種類 1回染め 利尻ヘアカラートリートメント ブラウン3種類 2回染め

↓公式サイトなら初回購入1本1,000円割引キャンペーン中↓

利尻ヘアカラートリートメント購入はこちら

利尻ヘアカラートリートメントの各カラー1回染め・2回染めの毛束を並べて撮影しました。

同じ条件で染めてみましたが、それでも色味や染まりやすさに違いがありますね。

上の画像は1回染めですが、左のブラックとダークブラウンはかなり暗く染まっています。

地毛が明るめの人ならダークブラウン1回染めでもかなり黒髪に近い明度になっていて、染めた白髪が違和感なくレベルです。

反対に右側のナチュラルブラウンとライトブラウンは1回添めだと暗さがなくて明るい仕上がりなので、かなり各色が強く出ています。

 

下画像の2回染めをみると、色が分かりやすかった右側のナチュラルブラウンとライトブラウンもかなり落ち着きが出ましたね。

ブラウン味が強く入ることで黄色とオレンジ色が抑えられて、白髪染めらしいカラーに染まっています。

この実験から「明るい2色のブラウンでも何度か染めて濃く仕上がることで色味は抑えられて落ち着く」ということが分かりますね。

利尻ヘアカラートリートメントはどの色を選んでも回数を重ねることで「落ち着きのある自然な茶色になる」ので、好きな色を選んでもさほど失敗しないように作られています。

↓公式サイトなら初回購入1本1,000円割引キャンペーン中↓

利尻ヘアカラートリートメント購入はこちら

白髪が少ないほど濃い色で染めたほうが黒髪と馴染む

「白髪の量で似合う色を考える」という色の選び方も一つ参考にしてみてください。

たとえば頭髪の100%全てが白髪の場合は、単純に染めた色で髪色が作られることになります。

黒髪は一切生えていないので、黒髪と染めた白髪部分が馴染むかどうかなんて気にする必要はありません。

でも黒髪95%白髪5%だったらどうでしょうか?

利尻ヘアカラートリートメントは白髪だけを染める白髪染めトリートメントなので、黒髪部分に変化は起こりません。

なので、黒髪95%に似合う色で染めないと、5%の白髪部分が染めた後に目立ってしまう可能性があります。

黒髪は黒くて暗い色なので、それに馴染むとなると必然的に落ち着いた暗めの色になります。

なので髪全体の白髪量が少ないほど自然に馴染むカラーは

「ブラック>ダークブラウン>ライトブラウン>ナチュラルブラウン」というように、明度が低くて暗い色になるわけです。

白髪が多ければ好きな色で髪全体の色を変えられるし、白髪が少なければなるべく黒髪と馴染むような暗い色を選ぶ。

利尻ヘアカラートリートメントはどの色を選んでも最終的には落ち着いた暗めの色に染まりますが、染め始めだったり染める頻度があいたときのことを考えても「黒髪と白髪のバランスを考えて色を選ぶ」と失敗しにくいですよ。

利尻ヘアカラートリートメント 公式サイト バナー

↓公式サイトなら初回購入1本1,000円割引キャンペーン中↓

利尻ヘアカラートリートメント購入はこちら