利尻ヘアカラートリートメントの色選びとよく染まる使い方まとめ!
白髪染めトリートメント

利尻ヘアカラートリートメント成分で危険か安全か見極める|染料の刺激と注意点

利尻ヘアカラートリートメントの全成分を考察して「危険 or 安全」のどちらなのかを見極めてみました!

結論からいうと「髪と頭皮への刺激は少ないが長期間にわたって頭皮に付着させると悪影響がありそう」です。

毎回頭皮までベタ塗りしてずっと使っていると肌荒れする可能性があるので、完璧に安全な成分だから全く問題なし…ではないことを知っておいてください。

それでも通常の白髪染めよりは全然低刺激ですけどね。全く害がないわけではないということです。

利尻ヘアカラートリートメントの成分考察

水(特殊水)・ベヘニルアルコール・ステアラミドプロピルジメチルアミン・ミリスチルアルコール・パルミチン酸エチルヘキシル・ミツロウ・リシリコンブエキス・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸Na・加水分解シルク・加水分解ケラチン・カキタンニン・乳酸・乳酸Na・水添ヤシ油・ローマカミツレ花エキス・ローズマリーエキス・ミリスチン酸・ボタンエキス・プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス・パーシック油・ニンニクエキス・トコフェロール・センブリエキス・セイヨウキズタエキス・セイヨウアカマツ球果エキス・ステアリン酸グリセリル・ゴボウ根エキス・ゲンチアナエキス・カワラヨモギエキス・カミツレエキス・オランダカラシエキス・オドリコソウ花エキス・オタネニンジンエキス・オクラエキス・エタノール・イソペンチルジオール・アルニカ花エキス・アルテア根エキス・PEG-40水添ヒマシ油・オオウメガサソウ葉エキス・ユズエキス・キトサン・塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン・システイニルプロアントシアニジンオリゴマー・PVP・ヒドロキシエチルセルロース・セテアリルグルコシド・ポリ-γ-グルタミン酸Na・加水分解コンキオリン・水酸化K・BG・ポリクオタニウム-10・フェノキシエタノール・水溶性アナトー・クチナシ青・シコンエキス・ウコンエキス・4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール・HC青2・HC黄4・塩基性青99

利尻ヘアカラートリートメントの全成分を羅列してみました。

保湿剤・保護剤・潤滑剤・染料の4つで出来ていて、利尻ヘアカラートリートメントは植物由来の天然成分が豊富になっています。

なるべく髪を補修しつつ、髪と頭皮のダメージを抑えつつ白髪を染めるために成分配合が決まっています。

 

【植物染料】

  • 水溶性アナトー
  • クチナシ青
  • シコンエキス
  • ウコンエキス

【化学染料】

  • 4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール
  • HC青2
  • HC黄4
  • 塩基性青99

利尻ヘアカラートリートメントに配合されている染料は植物染料4つ・化学染料4つの合計8色です。

植物染料だけではどうしても白髪の染まりが弱くなってしまうので、刺激の少ないHC染料・塩基性染料に加えて「最も安心して使える合成染料」のであるニトロフェノールが入っています。

利尻は植物染料の配合量が多くて化学染料は少なめになっているための、ほかの白髪染めトリートメントよりも「頭皮に与える悪影響は少ない」です。

ただし、化学染料が配合されている以上「まったく刺激がないわけではない」ので、頭皮の状態を悪くしてしまうことももちろんあります。

できるだけ低刺激で白髪染めできるように改良されて安心感は持てますが「100%安全な成分とは言い切れない」のが本音です。

ほかの白髪染めトリートメントも同様ですが、万が一使用途中で肌荒れやかぶれが起こった場合は利用を中止してくださいね。

利尻ヘアカラートリートメント 公式サイト バナー

↓公式サイトなら初回購入1本1,000円割引キャンペーン中↓

利尻ヘアカラートリートメント購入はこちら